さびに強く化学薬品等に対して耐食性のあるステンレス。越川工業では生砂のステンレス鋳造にこだわっています。
特徴は低コストで量産向きなところ。ただ生砂をステンレス鋳造に使うには、大変な知識・技術そして何より「経験」が必要です。当社ではこの道一筋のベテラン社員達を中心に、機械数値的な管理はもちろん、そこへ職人的な経験値をプラスした生砂のステンレス鋳造で、御取引先から長年の信頼を頂いて来ました。そしてこれからも「高品質製品の追求と提供」を合言葉に、皆様のニーズにお応えできるよう、たゆまぬ探究をする専門職人集団を目指しています。

マイナス196度でのシャルピー衝撃試験、放射線透過試験(RT試験)、浸透探傷試験(PT試験)・・・・


越川工業製造のステンレス鋳鋼品は、LNG(液化天然ガス)運搬時の極低温冷却に耐える低温弁等、厳しい環境に対する耐久性と安全性が求められるような所によく使われます。したがって品質管理にはあらゆる対応でお応えしています。
マイナス196度でのシャルピー衝撃試験、放射線透過試験(RT試験)や浸透探傷試験(PT試験または通称カラーチェック)など、ご要望に応じて対応しています。(※浸透探傷試験は、社内で判定も行なっています。)
また当社のステンレス鋳鋼品は、成分分析/引張り試験/硬度試験等を行ない、ミルシート(鋼材検査証明書)をJIS・ASTMに基づき発行できます。
取扱い鋼種
SCS13A / CF8
SCS14A / CF8M
SCS16A / CF3M
SCS19A / CF3
SCS21 / CF8C
SCS23 / CN7M
SCS24 / CB7Cu
SCS11
SCS34 / CG8M
SCS35 / CG3M

万能試験機(引っ張り試験)

 


越川工業は、ロイド船級協会(Lloyd's Register)、日本海事協会などの認証

越川工業は、ロイド船級協会(Lloyd's Register)、日本海事協会などの認証を受けております。
ミルシート(鋼材検査証明書)

社内にある発光分光分析機、万能試験機、ブリネル硬度計にて試験を行ない、JIS・ASTMに基づいたミルシート(鋼材検査証明書)を発行できます。
品質管理について詳しくは下記リンク先ページをご覧下さい。
品質管理・保証ページへ

ステンレス鋳造による鋳物品(鋳鋼品)のご相談はこちらまで!
越川工業株式会社 塩尻工場

TEL:0263-56-2331   FAX:0263-56-2908
e-mail info@koshikawa.co.jp

▲ステンレス鋳造の越川工業 ページトップに戻る